ワキガ手術,前日,注意点

Q.ワキガ手術前日と即日の注意すべきポイントは何ですか?

入院も通院もする必須がないと聞き超音波ワキガ手術を受ける心配になりました。

 

確か以前の手術テクニックでは1週間くらい入院しなくてはいけなかったはずで、「技術の成長ってすごい-」と驚いています。

 

手術を受けた事は誰にも知られたくないので、普段暮らしに負担なく受けられるのは、クリアネオが効かないワキガに苦慮している私にとっては、現実にありがたい事です。

 

ところで、仮に手術前日と即日の留意点というのがあれば、教えていただけないでしょうか?

 

というのは私は雑誌の編集部に勤務している関連から、月のうちの1週間くらいは昼夜逆転の暮らしになるほか、自らの都合で改変できない予定もあるため「腕を動かしてはいけない」といったような配慮事項が仮にあるなら、現在のうちから日程をすり合わせしておきたいのです。

 

手術前日、あるいは即日にしておかなければならない事、あるいは提供しておくものなどがあれば教えてください。

 

長峰玉緒39才出版社勤務。

 

※A.心理コンサルティングを受けて手術をする事を決めたら、あとは手術の日を待つばかりという事になります。

 

手術といっても、入院する不可欠もないのですし、翌日から業務に行っても構いません。

 

学生であっても社会人であっても、普段暮らしに支障なく受けられるのが超音波ワキガ手術のメリットのひとつです。

 

ですから手術の日までそれほどナーバスになる不可欠はないのです。

 

中にはカウンセリングを受けた即日にデフォルト手術を行って帰る人もいるくらいです。

 

ご話し合い者がおっしゃっているように、以前なら1週間もの入院?安静が必須なほど大がかりな手術でしたが、超音波ワキガ手術の登場で、患者さんへの負担が驚くほど低減されたのです。

 

ただ体への負担が少なくなったとはいっても、麻酔を使って体にメスを入れる手術である事には移ろいないのですので、患者さんには手術を受けるという自覚を充分にと持ってくれと考えます。

 

手術前の心構えとしてナンバーワン大事な事は、体のコンディションを整える事手術前はあまり疲れをためないように気をつけましょう。

 

手術日を決めるケースも、支障がなければその前に残業が続くような慌しい頃合は避け、ベストの健康状態で手術の日を迎えられるようにしてください。

 

手術前日と即日の留意点はかかりつけの専門医の仰る通りです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ