不妊,妊娠,情報

インターネットの妊娠の情報を深追いしない。

インターネットは、自分を追い込むツールにもなる。

 

インターネットの前に座る時間と不妊度は,正比例の関係にある......これはあながち冗談ではありません。

 

人間というのは、のめり込みやすい動物です。

 

不妊治療にのめり込んでしまった人というのは、とにかく知識は豊富です。

 

私が参ってしまうような専門用語を書き連ねたメールが舞い込むこともあります。

 

しかし、インターネットで得た知識は、偏りがあったり、ほかの大切なことを見落としていたりします。

 

これはW eb上の情報は表層的なものが多いということも関係していると思います。

 

また、ネガティブな症例に自分を重ね合わせ、落ち込んでしまう人も多いものです。

 

そのようにして,ますます自分自身を追い込んでいることに、気づかないのです。

 

なぜ、こんな深みにハマってしまうのでしょうか?

 

「子どもができないのはなぜだろう」というごく素朴な疑問をもって、「なぜかな?」の答えを求めてインターネットに近づくのは、きわめて自然な成り行きです。

 

そこまではよいのですが、実際には答えがなかなか見つかりません。

 

妊娠に至らない理由は人それぞれなのですから、そんなに簡単に答えが見つからないのです。

 

答えが見つからなければ、余計に知りたくなるのが人間です。

 

彼女たちが追い込まれるのは、医師の責任という一面もあると思います。

 

不十分な説明と、早いテンポで進む不妊治療にとまどい、不安を感じるのですね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ